MENU

日焼け肌だと脱毛するときに断られることもある

ムダ毛のないきれいなお肌のためには脱毛は必要ですよね。毎回自分で処理する手間や肌のダメージを考えると、しっかり脱毛しておいたほうが楽ですし仕上がりもとてもきれいです。そんな脱毛ですが、日焼けしている肌には注意が必要だということを知っていましたか?

 

日焼け肌と脱毛は相性が良くない

 

脱毛サロンで施術の予約をしたりすると、その日までは日焼けをしないように注意されることが多いはずです。実は日焼けしていると脱毛できないこともあるのです。

 

どうして日焼けしているとダメなの?

 

まず第一に、日焼けをすると肌が黒くなりますよね。脱毛に使用するマシンの光はメラニン色素に反応します。日焼けして肌の色が黒くなっているとムダ毛のみではなくそのお肌にも作用してしまうために痛みも増えてしまうのです。

 

ムダ毛のみに作用するはずの光が肌にも作用するとなると、当然脱毛効果も弱まってしまいますよね。痛みも増えて脱毛効果も弱くなってしまうのであれば日焼けはしないほうがいいでしょう。

 

日焼けしていると肌も乾燥してダメージを受けています。そのような肌の状態の時に脱毛マシンでさらにダメージを与えることになるので、サロンとしてはお断りをしなければいけないこともあります。

 

脱毛のためには紫外線対策が必須

 

せっかく脱毛するのですから、きちんとした効果を出したいもの。
そのためにはやはり完全に紫外線対策をしておくに越したことはありません。

 

脱毛の施術の日が決まっているのであれば、その日まではきちんと日焼け止めを塗って肌を紫外線にさらさないようにしておきましょう。

 

顔の脱毛の場合は特に注意が必要です。
紫外線カット効果のある化粧下地を利用したり、UVカットのパウダーを使用したりしてできるだけ紫外線に当たらないようにした方がいいでしょう。

 

色黒の人はどうしたらいいの?

 

もともとの肌の色が黒い人の場合はどうしたらいいのでしょうか。
その場合はサロンスタッフに相談してみる方がいいでしょう。
サロンで使用しているマシンによっては問題なく脱毛が出来る場合もありますし、一度カウンセリングを受けつつ相談してみるといいですね。

 

ムダ毛のないきれいな肌のためには、まず紫外線カットは基本中の基本です。
特に夏になって肌を露出する時期に脱毛を考えている人は、うっかり日焼けをしてしまいがち。
脱毛の予定が決まったらきちんと紫外線カットしておきましょう。

日焼け肌OKのおすすめ脱毛サロン

敏感肌でも安心のディオーネにお任せ!
ディオーネ

>>公式ページはこちらをクリック<<


お肌への優しさと効果を両立ラココ
ラココ

>>公式ページはこちらをクリック<<